グッティー館長の旅~県道40号線(諏訪白樺湖小諸線)より~

皆様ごきげんよう! ぼくは蓼科テディベア美術館のグッティー館長です。 今回は白樺湖から立科町方面へ車で約20ほど行ったところに咲いているサクラソウを見にいってまいりました。 川があります。シラカバやカラマツ、花を終えたコブシの新緑がまぶしいですね。 サクラソウを発見しました! 県道40号線(諏訪白樺湖小諸線)のスノーシェルターから先の立科町方面の下り坂の道端でたくさんのサクラソウ花を見ることが出来ます。 サクラソウは高原や山地のやや湿った草原や開けた森林、河川敷の草原に見られる多年草です。 白色のサクラソウも発見しました! サクラソウ以外の花もみつけました。 横道バス停に到着です。 ここからもっと立科町方面へ道なりに進むと陣内公園に着きます。 サクラソウを見つけるには此処のバス停付近を目安に周辺を散策するといいかもしれません。 バスの本数が限られているのでご注意! 皆さんもよかったら白樺高原を散策してみてくださいね♪
VIEW MORE

グッティー館長の旅~女神湖より~

皆様ごきげんよう! ぼくは蓼科テディベア美術館のグッティー館長です。 今回は女神湖のスイセンが見頃だと聞いたのでやってきました! 遊歩道のほうではそろそろミズバショウが咲き始めているかもしれないのでそちらも探していきたいと思います。 【女神湖センター】https://www.lake-megamiko.com/index.shtml 蓼科テディベア美術館から立科町方面へ車で約10分ほどのところにあります。 5月上旬に咲くのですが今年は開花が早いみたいで女神湖の土手に沢山咲いております。 こちらは黄色のラッパスイセン。 スイセンはヒガンバナ科の植物で、毒があるので山に住んでるシカが食べません。 ※園芸の植物がよくシカさんに食べられちゃうことが多いようです。 なので、ここの女神湖の土手の他に、女神湖~白樺湖の道路や大門街道にも結構スイセンは咲いているのでドライブでスイセンを楽しむこともできます。 花弁が白いラッパスイセンも! グッティーも埋もれるほどのスイセン・・・・・ ここです。ちらり。 花弁がたくさんの八重咲のスイセン。 クチベニスイセン。真ん中の“副花冠(ふくかかん )”の紅い縁取りが口紅を差したように見えることから名づけられたスイセンです。 すごいたくさん咲いてましたね。 遊歩道のミズバショウはまだ時期的に早いでしょうか。ドキドキ! 霧がでてきました。幻想的・・・ なかなか見つかりませんね? ミズバショウの緑色の葉っぱは芽吹いているようですが・・・ 白い苞(ほう)が見当たりません。 あ! あそこにみえる白いしずくのような形はもしかして・・・ ミズバショウです! 近くに苞が出始めているものも・・・あ! 咲いているものも発見しました! ミズバショウは前回の旅記事の女神湖でご紹介したザゼンソウの一緒でサトイモ科の植物です。 白い部分は花弁ではなく葉っぱで、真ん中のトウモロコシのような黄色い棒がお花になります。 木道から林のほうの遊歩道へ行ってみます。 濃い紫色のザゼンソウの苞の群れの合間にミズバショウの緑色の葉がみえます。 もうちょっとしたら白い苞と花も見ることが出来そうです。 ミズバショウも見ることが出来てよかったです! お散歩してお腹がすいたら女神湖センターでお食事ができます。 リンゴのソフトクリームもあります。 テラス席はペットもOK☆ 以上、女神湖からお送りいたしました。
VIEW MORE

グッティー館長の旅~山の麓より~

皆様ごきげんよう! ぼくは蓼科テディベア美術館のグッティー館長です。 山の麓の立科町ではただいまリンゴの花が見頃を迎えております。 リンゴの花はサクラの形に似ています。 サクラと同じバラ科ですが開花時期がゴールデンウィーク頃でお花と葉っぱが同時に出てくるのがサクラとは違うところです。今年は早く開花しました。 ピンク色のツボミが・・・ 咲くと白いお花が咲きます。先に咲いたお花を残してツボミを手で摘み取る「摘花(てっか)」という作業が今の時期行われます。 花が散ってリンゴの実がなる部分が大きくなってくると、小さい実を摘み取り大きい実だけ残す「摘果(てっか)」作業が夏に行われます。 ※「てきか」とも呼ばれることもあります。 同じ呼び方ですが違う時期に行われるのが面白いですね。 以上、山の麓の立科町からお送りいたしました。
VIEW MORE

グッティー館長の旅~県道40号線(諏訪白樺湖小諸線)より~

皆様ごきげんよう! ぼくは蓼科テディベア美術館のグッティー館長です。 今回は白樺湖から立科町方面へ車で約20ほど行ったところのサクラとモクレン科のコブシの白いお花を見にいってまいりました。 ちょっと濃いピンクのようです。 県道40号線(諏訪白樺湖小諸線)の長門牧場からスノーシェルター下ったところから陣内森林公園付近はサクラとコブシの花が見頃を迎えております。 白樺の白い幹とサクラのピンクのコントラストがとってもきれいです。 長門牧場から蓼科第二牧場までのサクラのツボミもそろそろ膨らんできたようです。 ゴールデンウィークにお花見できるといいですね。  
VIEW MORE

グッティー館長の旅~女神湖より~

皆様ごきげんよう! ぼくは蓼科テディベア美術館のグッティー館長です。 今回は女神湖の「ザゼンソウ」にお花を見るためにやってまいりました。 【女神湖センター】https://www.lake-megamiko.com/index.shtml 蓼科テディベア美術館から立科町方面へ車で約10分ほどのところにあります。 女神湖からみえる向こうの車山高原はまだ雪が残っておりますね。 雪がとけたので女神湖センター横の遊歩道が開通されました♪ 遊歩道が緑豊かな湿地帯になるのはまだこれから先ですが、早春に咲く珍しい植物「ザゼンソウ」が此処に咲いているようなので探していきたいと思います! 小川のせせらぎが聞こえます。ザゼンソウはどこかしら? おや? サツマイモのような紫色!あれですね! あそこの木の下にも!フキノトウの花と寄り添って咲いてますね。 木道から林の中の地面の遊歩道に降りてみましょう。 あら? わあ!ザゼンソウがたくさん! 林の歩道エリアに入ると近くにザゼンソウを発見しました! ザゼンソウはサトイモ科の植物で、ミズバショウの仲間です。 この形が僧が座禅をしているように見えることから由来しており、漢字では「座禅草」と書きます。 中のパイナップルのような形のものが花で、紫色の部分は花びらではなく苞(ほう)という花のねもとにつく葉です。 開花時期が雪が残る3月~4月上旬だったのでまだ咲いていたのを見ることができて幸運でした。 女神湖の遊歩道ではこれからミズバショウやチゴユリにオオマムシグサ、スズランなどまだまだ見どころがある植物たちがこれからたくさん見ることができますので皆さんもよかったら森林浴を兼ねてお散歩してみてくださいね。 以上、女神湖からお送りいたしました。
VIEW MORE